ふるさと(熊本)の歌を創り続けています。


by binggou

木山弾正臥龍梅

5年程前から熊本市を離れ益城町に住んでおります。益城町の木山の交差点から程よく近い所に木山城址公園があります。この小高い城跡で毎年4月の第一土曜日に「弾正祭」が催されます。平成18年4月1日(第一土曜)どんなお祭りだろうと興味があり、自宅より遠くもないので
妻と二人散歩がてら見物に行きました。広場には百五、六十名の見物客が居り、日本舞踊、カラオケ、フラダンスと出しものも豊富で出演する者見ている者、身近な人々ばかりのようで、なかなか和気あいあいの雰囲気でした。
時期が時期でしたから、それはみごとな桜の花が満開で、すばらしいお祭り模様でした。
何故か私もこの雰囲気の中に入ってみたいと感じ、益城の方々に喜ばれる歌をを考え付いたのが木山弾正の歌でした。
早速その夜インターネットで木山弾正の事を調べ、2,3日でいっきに創ってみたのがこの曲です。益城の方々からは想像以上に喜ばれ感謝されています。

1.肥後の益城の木山城 その名も高き弾正は
  あわれ悲運の武将なり 語りつくせぬ物語
 「花は咲けども 実は生らせまじ」
  何と美しいその姿 気高く咲き香り甘く
  臥龍梅
2.(省略)
3.(省略)
[PR]
by binggou | 2009-02-01 20:42