ふるさと(熊本)の歌を創り続けています。


by binggou

人生笑わにゃ損々 作詞・作曲 うらた剛(ごう)

この曲は平成16年9月に創ったものです。昔々、喜劇役者に三木のりへいさんと言う方がおられました。中年以上の方であればご存じない方など多分皆無と言っていいほどの、有名な役者でした。私が学生だった昭和42,3年頃、新聞で見たのですが、三木のりへいさんはその頃サインする場合「笑うあほうに 泣くあほう 同じあほなら 笑わにゃ損々 三木のりへい」と書かれていたそうでした。その言葉がそれ以来、私の頭に こびりつき、今日まで来て、とうとう歌まで出来てしまいました。

特に三番の歌詞の内容に私としては言いたいことが凝縮しています。「長生きしてもしれている・・・」そう思いませんか。男の場合高々80年ですよ。私なんぞもうすぐお迎え20年残っていない。だから、一分一秒たりとも疎かにせず、自分の人生(残された僅かな時間)価値ある一生にしましょうよ・・と言いたいのです。

  「利口ぶってもしれている・・・」利口な人、頭のいい人、東京大学出たり、一橋大学出たり、京都大学出たりして、役人になった立派(?)な方々のことを思い浮かべて下さい。国土交通省や厚生省、外務省に勤務し、もちろん役人全員とは言いませんが、陰に隠れて国民の気が付かないところで、毎日新聞テレビ等で報道される通りです。本人達は、全く悪い事をしている事にすら気が付いてない。昔から先輩諸氏が行って来た慣習事だから、感覚が全くマヒしており法律に違反しておりませんとうそぶく始末、ここで私は声を大大大にして言いたい「法律にて決められている事は、人間として最低これだけは守って下さい」という「人間不信バイブル」と言う事を。 頭のいい方々がそんな事すら知らないとなると「利口な人ほど 頭が悪い」と言うことになるかもしれません。だから、利口ぶってもしれている・・・。

  同じく「偉くなってもしれている・・・」不思議な事に、偉い人は「偉そうな」顔してますね。あれは自分で「俺は、偉い」と思ってなければ、あんな顔は出来ません。皆さんも自分の周りを見渡して御覧なさい。偉そうな顔した人きっといるでしょう。

1.空は青空日本晴れ 今日も元気で働こう 
  不平不満や怠け心を あっ、さっぱりね  
  あっ、すかっとね 弱い心を吹き飛ばし  
  老いも若きも みんなで仲良く頑張ろう 
  偉いやっちゃ偉いやっちゃ よいよいよい 
  偉いやっちゃ偉いやっちゃ よいよいよい 
  笑うあほうに泣くあほう 同じあほなら笑わにゃ損々
 
3.長生きしてもしれている 利口ぶってもしれている
  偉くなってもしれている  あっ、さっぱりね
  あっ、すかっとね カッコばっかりつけないで
  大事な人生みんなで楽しく暮らそうよ
  偉いやっちゃ偉いやっちゃ よいよいよい
  笑うあほうに泣くあほう 同じあほなら笑わにゃ損々


曲への入口はこちら 
[PR]
by binggou | 2009-02-08 23:58