ふるさと(熊本)の歌を創り続けています。


by binggou

平成21年8月9日有意義な丸っとほとんど一日

今朝は早朝から大変、益城町グランメッセの朝市にお呼ばれしている。グランメッセに勤務する友人からの出演依頼だ。一年ぶりの朝市訪問である。

童謡の大御所「大庭照子さん」も出演依頼されたそうだが、大庭さんは県外でコンサートの予定があり、私一人の出演となったようだ。

「ありがとう熊本」から始め、約10曲程歌っただろうか、お客様の中にか何時も見掛ける方々も、ちらほらおられた。

朝市なので、朝5時半頃、到着し楽器のセッティング、6時半頃からのコンサート開始。朝起きのにがてな私、大変だった。

八時過ぎ帰宅し一休み。朝4時半起床だったので眠い。40~50分横になる。

10時前、次の出演場所、熊本市萩原町の「ウッディマンション森館」に向け出発。今日はボランティアの掛け持ちだ。ウッディマンションでは、年の一度の親睦会、約60名程の方々が参加され楽しい「飲み会」だ。その
楽しい催しのアトラクションとして私が呼ばれ歌を歌うように依頼されたのである。

声が掛ると言うことは、大変嬉しことだ。そこでも12曲程歌った。有意義な一日だった。

北朝鮮に拉致された松木薫さんの歌「薫の約束」を歌った時に、ウッディマンション理事長の奥様が、顔をくしゃくしゃにして、目を真っ赤にして泣かれていた。こちらまで少し、ウルウルと涙が溢れてきた。
早く北朝鮮による拉致問題は解決して欲しい。
[PR]
by binggou | 2009-08-09 23:18