ふるさと(熊本)の歌を創り続けています。


by binggou

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 昔、アナンダマルーガの冥想を学んでいたとき、秋、立田山の森の中で独り冥想をしたことが数回あります。風の音、木々のざわつき、小鳥達の声、寒くはない心地よい冷たさ。心の中はだんだんと落ち着き、冥想に少し深く入っていく。

 でも、そんな静寂な時であっても、地球は時速1666Km(ジェット旅客機の2倍以上のスピード)で自転し、地球は太陽の周りを遥かもっと速いスピードで公転しているのですね、不思議ですね。
[PR]
by binggou | 2009-10-31 10:05
まずは信じなさい。
 神の存在を信じない人は必ずこう語る「神の存在を信じれるだけの確たる証拠を、私は見い出せない」ってね。

中村天風先生はそういう人たちに対して、こう言われています。
「じゃぁ聞くが、君たち、君たちの両親のこと本当の両親であると、何を根拠に信じているのかい」

「私の父母は間違いなく私の実の両親です。証拠はこれこれですと言えるもの出せるかい。出せなくても疑いもなく君たちは自分の実の両親と信じているじゃないか。それと同じ、まずは信じなさい」
[PR]
by binggou | 2009-10-25 23:06
 強欲で人を蹴落としてでも自分の利益を勝ち取りたい現代人にぴったりの人がいると仮定します。その人は自分の金儲けのためには手段を選ばず、人を騙し、人を罠にはめ自らの利益を追求してきた。数億、数十億の蓄えも出来てきたと仮定します。

 そのお方は他人を信じず、家庭ももたず、自分を生んでくれた両親とも大した縁も持たず天涯孤独同然にお金儲けに走ってきたと仮定します。
 でもそうやって貯めたお金は一体誰が遣うのでしょか。

 多分、相続人か国家でしょうね。
 とすると結局、人助けや国家に尽くす目的で人に嫌われる人生を選び、歩いて来られたのですね。
 人生全てボランティア。我々の存在そのモノが一切他人、ヒト様のため。お陰様で私はそれに気付かされました。
 日々、ミュージックボランティアという形で社会に対し貢献するのだという、強い覚悟を持って過ごしております。
 そんな私は今、桃源郷(地上天国)の門から中に、10メートル程入ったところにおります。(そんな気がします)
 「損得」を超越した「感謝」の世界の入り口のちょっと中に入ったところにいます。(そんな気がします)
[PR]
by binggou | 2009-10-06 23:07