ふるさと(熊本)の歌を創り続けています。


by binggou

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

世界一美味しい蜂楽饅頭

水俣市桜井町のお祭りで、蜂楽饅頭の社長宮崎正博さんに初めてお会いしました。

7月24日、水俣市桜井町のお祭りにお声が掛かり当日のメインアトラクションとして何時もの様に妻と二人でミュージックボランティアとして参加して来ました。

2年程前、熊本市桜町NTT前広場で催された肥薩おれんじ鉄道主催の「うまかもん市」の際、水俣から参加されていたKさんからのお誘いで、この度参加することができました。

ステージは夜7時半からの予定でしたが、音響の準備もありますから、何時もの様に早めに到着致しました。午後4時を少し過ぎた頃でした。

Kさんも独りでステージ製作中でして汗びっしょりかかれ奮闘されていました。お招きを頂いたお礼と久々にお会いできたご挨拶をし、「水俣と言えば美味しい蜂楽饅頭の発祥の地、本店がある所ですね」と話しかけるとKさんも嬉しそう「そうですよ」と答えられました。

「蜂楽饅頭といえば、私が創りました“ばってんよさこい”という曲の中の口上で勝手に“蜂楽饅頭”と歌っており、固有名詞である“蜂楽饅頭”をお断りもなく、私の歌の歌詞の中に入れているものですから、昨年CDを同封し、お断りの手紙を送りましたが、何の返事もありませんでした・・・・。」とお話をしました。

お話はそれだけだったのですが、何と驚くことに私のステージの最中に蜂楽饅頭の宮崎社長をKさんが呼んでおられたんですねぇー。

初めてお会いしました蜂楽饅頭の宮崎社長になかなか立派な方でした。

私は思うのです。お世辞抜きに蜂楽饅頭は世界一美味しい饅頭だと思います。但し、白餡が。
[PR]
by binggou | 2010-07-30 00:18
私は何にでも興味のある方でして、特に「良い御話なので一緒に聞きに行きましょう」と、友人とか親しい知人とかにお誘い頂くと出来るだけ行くことにしています。ネットワークのビジネスの話だったり、宗教だったりします。

 あるとき、何時ものように知人からお誘いを受け、宗教の会合に出席したことがありました。「解脱会」という宗教でしたが、なかなか素晴らしい宗教でした。

 その宗教が発行する雑誌を頂き、少しばかり読んでみますと、ひろさちや(宗教評論家)さんの記事が掲載されておりました。その方に興味が湧き、後日、本屋でひろさちや著の本を購入し読んでみました。

 その本の中に書かれていた次の一言に、強い衝撃を受けました。
 私の人生を変えた珠玉の言葉・・・「考えても、考えても解らないことは、もう仏様にお任せしょう」(ひろさちや)
[PR]
by binggou | 2010-07-16 15:08