ふるさと(熊本)の歌を創り続けています。


by binggou

ビッグバン

 アメリカの天文学者、エドウィン・ハッブルが、1929年に「ビッグバン」理論を言い出したのです。この宇宙は約137億年前誕生したそうです。何にもない無の状態から突然大爆発が起き誕生したそうです。

 何故そういうことをハッブルが言い出したかといいますと、私たちの太陽系がある銀河の外にある、他の銀河を観測していて、一定の速度により規則的に遠ざかっていることに気が付き、逆計算してみると、約137億年前、ただの一点無から大爆発を起こし誕生したことに気が付いたそうです。

 どう思いますか皆さんは、「神」の存在を確かめるにまだ不足ありますか。
[PR]
# by binggou | 2009-09-15 20:11

「幸せ」の話(2)

  毎日経済的に何の心配もなく、すこぶる健康にも恵まれ、また周囲との人間関係もうまくいっており、日々何の苦労も心配もなく一生暮らしていけるような、そういう一見我々にとって理想的な人生と思われるような人生を、亡くなられた中村天風先生は、「製▲▲機人生」と言われています。
   
 人間が何のため存在するのか考えようともせず。この尊い宇宙真理に気が付こうともせず。我々が生命を頂いた理由が、何なのか考えようともせず、神様の存在を否定したり侮ったりするような人生を過ごす人々のことを、ただ毎日食っては●○●し、寝て起きては●○●してるだけの「製▲▲機人生」だと言われています。

 日曜になれば家族そろって教会へ行き、教会に集まった者みんなで一緒になって、ありがたい感謝の祈りを奉げているのに、戦争という名のもとに平気で人殺しをたり、直接人は殺さないにしても、そういう行為を、見て見ぬふりをする人間のことを、ただ毎日食っては●○●し、寝て起きては●○●してるだけの「製▲▲機人生」だと言われています。
[PR]
# by binggou | 2009-09-05 21:20

「幸せ」の話(1)

 私達の人生は、地球上の全ての人々が同じ目的に向かって毎日の生活を営んでいるのだと私は思います。その目的は何かと申しますと「幸せ」になることです。

 その「幸せ」とは、一体どういう事、状態を言うのか皆さん考えたことありますか。でも一応定義的なものはあるようです。

一つ、経済的に恵まれること。(最低でも食べるに全く困らないこと)
二つ、健康に恵まれていること。(自らの生命を脅かす病気等かかっておらず、不快になったり痛かったりするような持病もなく)
三つ、廻りとの人間関係が旨くいっていること。(家庭の中や、職場において気まずい人間関係があり、嫌々仕方なく一緒に暮らしていたり、仕事をしていたり。また、家族間において訴訟問題が生じていたりしていないこと)
この三つが満足していると「幸せ」と言える状態にあると言ってもよいでしょう。

 しかし、この三つが手に入り、毎日経済的に何の心配もなく、すこぶる健康にも恵まれ、また周囲との人間関係もうまくいっており、日々何の苦労も心配もなく一生暮らしていけるとしたら本当に「幸せ」と言えるでしょうかね。
[PR]
# by binggou | 2009-09-02 22:40
蟻が百匹山道を歩いる話
 これも10年以上前、旅行作家小林正観さんから聞いた話です。
 ある晴れた日、山道を百匹のアリ達が行列となり歩いていました。何時ものように、食べ物を探しに出かけて行く一行です。

そのアリの行列には、一匹の隊長と数匹の部隊長的なアリがいました。隊長アリは物凄く厳しく厭味な奴でした。ちょっとでも仲間のアリが歩くの遅かったり、働く手を休めようものなら、蹴飛ばすやら、鞭打つやら、悪口雑言を浴びせるといった、本当に憎ったらしい隊長アリでした。

一匹のアリが隊長の目が届かない時に、見つからないようにその行列を離れ、ちょっと小高い岩の上に昇って天に向かっては何やら呟くのです。「ありがとうございます。ありがとうございます。神様、ありがとうございます」

  隊長アリは成果を上げるため何時も必死です。そのため辛く厳しく仲間のアリを監視し命令するのです。「働け、もっと働け、成果を上げろ。ぼやぼやするな。急いで働け」

  その一匹のアリは、ちょっとした隙を見付けては、餌集めの労働をさぼり、木の枝に登ったり、切り株の上に登ったりして、何時も天を仰いで呟きます。「ありがとうございます。ありがとうございます。神様、ありがとうございます」

 ある日、空から白くって甘い、アリ達にとってはとてつもなく大きな何万匹もの餌になる、角砂糖が一個落ちて来ました。
 それを見付けたアリ達はそれはそれは大騒ぎです。隊長アリは気も狂わんばかりに興奮しています。他のアリ達も同様に興奮しています。隊長アリは俺の手柄だと大声で自慢しています。どうやって巣穴まで持って帰ろうか協議が始まりました。

 するとまた、あのアリが隊を抜け出し、ちょっと小高い所に登り、何時もと同じように天に向かって呟き始めました。「ありがとうございます。ありがとうございます。神様、ありがとうございます」

 さて、神様にとって、隊長アリと天に向かいブツブツ呟いているアリと、どちらのアリが可愛いでしょうかね。
[PR]
# by binggou | 2009-08-31 23:11
旅行作家小林正観さんの話
 10年以上前の話ですが、わくわくフォーラムの渡辺さんが旅行作家小林正観さんの話の入ったカセットテープ郵送してくれたことがありました。そのテープに入っていた一つの話で、小林正観さんが話した言葉通りではないのですが、

 昔々、親鸞さんがお弟子さん十数人と連なって、京都の街を托鉢業のため歩かれていたそうです。身近なある商家に、ちょっとした休憩のため立ち寄られたそうですが、その時、その商家の主が一行にお茶を差し出され、おもむろに親鸞さんにお尋ねになたそうです。
 「お上人様、お上人様には一体何名のお弟子さんがおられるのでしょうか」と尋ねられた親鸞さんは、ちょっとけげんそうなお顔をされた後に「私には、弟子といえる者は一人もございません。おられるのは皆んな私の師匠ばかりです」

 
[PR]
# by binggou | 2009-08-28 11:23